『天使の休息』砂丘なし

前回、海外の文化にちょっと触れましたが、海外の人と交流するのは、やはり、英語が話せないと駄目ですね。

ラインやチャットでは、翻訳アプリを使用して話せるけれど、リアルに自分の意見を伝えるには、やはり自分がどのような意図でその英語を使っているのか知る必要があります。

海外の方と喋るのに、相槌は打たない方が良いとか。
私は、海外の方は会話を楽しむ文化なのではないかと思っておりまして、
閉鎖的な日本とは、両極ですね。

インスタグラムでも、海外の方と交流することがあるのですが、やっぱりポジティブで楽しいと思ってしまいますね。

中には、ネガティブな人もいらっしゃるかもしれませんが、私が喋ってみた海外の方は、みんなポジティブでした。

ネガティブが悪いと言うわけではありませんが、みなさん目的を持って行動していらっしゃっていて、ネガティブループにはまり込んでしまうとずっと続くので、なるべくネガティブループから早く脱け出そうとしています、目的が明確にある事で、次はこうしていこうととか、行動に移せるので、ネガティブになった時は、休憩するのもありではないかと思います。

まあ、お金って

大切ですよね?

でも、苦しい苦しいと逃げるのではなく、立ち向かってどうにか切り開こうとした時、助け船がやって来るんですね。

私は、幾度となくそれを経験しました。

断捨離と言う言葉を聞く事があると思いますが、人も去って行けば、新たな出会いがあります。私は、部屋の片づけが苦手なので、断捨離したら、もっと良いものが来ると思いますが(笑)中々、苦手なものを克服するのは大変ですよね。

私は、英語が超がつくほど苦手です。

でも、海外の方とお話ししてみたいと思っています。ちょっとお金の都合がついたら考えたいと思います。

英語を話せるだけで、どんなに世界が広がるか、考えただけでもワクワクします。

Facebookで、友達が増えてるのですが、びっくりしております。
Facebookって本当に、世界と繋がるんだと実感しました。
友達増えて行く事に以前は恐怖を感じましたが、世界と繋がるってこういう事なんだと思い今は受け止めています。

言葉が通じない怖さみたいなものはありますが、こうやって自分を広げて行くんだなと思いました。

世界って怖いと同時にワクワクです。

さいごまでお読み頂きおりがとうございました。