UA-137741052-1

障害

山は越えた

一山越えた。

何の一山だ

と、思う人もいるだろう。

私は、極度の疲労と緊張により、絵が閃かなくなっていたのだが、閃く絵は、背景付きの絵で、私の画力では、到底表現出来るものではなかったので、う〜んう〜んと考えても絵は出てこないのに考えていました。

よし、とりあえず描いてみよう。

とりあえず描いてみる。

想像通り頭の中の世界とは一緒のような違うような世界が出来上がりました。

ほっ

一安心。

まだ、私は、絵が描ける。

昨日先生に、『降りて来なくなった?』

と聞かれて、

『疲れてて』と、

誤魔化す。

実際疲れているのは確かだ、疲労も緊張も極限まで来ているのだ。

あ、でも、一山越えた。

そんな感じだ。

嗚呼、早く家に帰って、絵を書き込みたい。

こんなに絵を描きたくなったのは久しぶりだ。

嗚呼、ブラシ使ってみたい。

試してみたい。

いつもの私だ。

ワクワクしている。

まだ、やらなければならない事が、山のようにある。だけど、書き込みしたい。ってなっちゃってる。

順番に行こう。

どうも衝動を抑え切れずに困る事が多々ある。追求し過ぎで、疲れ果てる事もある。

しばらく休んでみよう。

長いようで短い人生。

休んでたら、飛び越えて行ってしまいそうな勢いですが、閃いた絵を完成させよう。

きっと壮大な、スケールの絵になるんじゃないかと思う。

私が、絵を描く目的、病気の人でも、引きこもりの人でも、ちょっと外に出てみようかなとか、B型から始めてみようかなとか、A型にチャレンジしてみようかなとか、一般就労にチャレンジしてみようとか、人それぞれチャレンジするものは、違うのですが、

やってみよう!

と思ってくれて、実際に行動しましたよって方が増えてくれたら嬉しいなと思って、描いています。

私は、絵を描くけど、あなたは?

小さな事で、良いのでチャレンジしてみてくださると嬉しいです。

そのキッカケになれたらと思っております。

最後までお読み頂きありがとうございました。

地獄の序章

私は、今第二の人生を歩んでいる。今さらだけれども、昔からプログラムってやってみたくて、絵とプログラムが一緒になった仕事なんて神のような仕事じゃないかと思って、来週からレッスンが入っているのですが、

私は、やってみたい!

ってなってしまうんですよね、絵もどこまで通用するするのか試してみたいとか、今はそんな感じなんですが、Webクリエイターってどんな仕事?って感じで、ただ絵とプログラムが一緒の仕事ってだけで、やってみたいってなってしまってこれからどんな仕事か勉強していくのですが、Webクリエイターを仕事にするのってどうなるの?って感じです。

ずっと学校に行って、Webクリエイターとして、活躍されてる方には申し訳ないのですが、今は良い時代になりました、やる気とお金さえあれば、挑戦出来る時代になりました。お金はあまりないですが、それでもゆっくりレッスンを受けて、資格習得を目指しています。

今は、オンラインで色々繋がっている時代だか、ネットとパソコンさえあれば仕事が出来るんですね。

でも、リアル世界には敵わないと思います。リアルに繋がっている社長とかいたらびっくりしませんか?

インスタでフォロアーが何人とか何億人とかいますよね?それは、羨ましいですが、その中から自分を助けてくれる人は何人居るでしょうか?もう億とかいってしまうと、誰がフォロアーなのかすらわからないですし、相談する時はリアルな友達にしますよね?

ネットの力は恐ろしいので、賛否両論ありますが、ネットの力を賢く使えば物凄いものになりますし、ネットで知り合って親友になる人もいるかもしれませんね。
ネットの世界だけで、繋がっていてもどんな人なんだろうとか、思い始めませんか?
ネットの世界だといくらでも自分を繕えますからね、そういう事が出来る人って羨ましいです。どこでも上手くやって行けるなじゃないですか、私は、今の職場は理解ある職場でいいのですが、私は、組織に向かないと思います。だから、Webクリエイターの資格を取ろうと思ったのかもしれません。本当のところは、絵とプログラムが一緒になっている職業って神みたいな職業だって思いました。本当は、それです。

やらなくてないけないことが、沢山あるのに体が動かない、心が動かないのはしんどいです。急いては事を仕損じると言いますから、ゆっくり進めていけるようにしてきたいかなと思いました。寛解はしていても、障害を持ってることには変わりはないので、人より慎重にいきたいかなと思いました。
お天気のせいもあるかもしれませんが、気が重いというか、私は諦めないでというメッセージを発信しているのですが、時には挫けそうになることもあります。今がその時ですね。
早く結論を出そうとして、もう諦めようかな?とか、やっぱり、障害持ってて画家なんて無理だったんだよ。とか、人が求めている絵なんか描けないよ、とか、色々考えてしまいます。地獄も腐った人間もいっぱい見てきましたが、これからが地獄の序章であって、また色々困難があるんだろうなというのは、予測できますが、私が諦めたらこのブログで言っていることは、嘘になってしまう。自分との約束を守るのも大事ですが、自分との約束なんてすぐ破れます。破ったって誰も攻めはしません。でも、諦めないでと言ってる、私が、みんなとの約束を破れば、綺麗ごとで終わってしまう。今更ですが、物凄い道を選んでしまったのだと思いました。やっぱり私は馬鹿かもしれません。
しんどいけどやらなくては、今が地獄の序章です。