私はまだ、イラストレーターのソフトの方だ、あまり使いこなせていない。

だけど、今勉強中で、これからは勉強して来た事を共有していきたいと思っている。

超初心者からでもイラストレーターを使いこなせるはずである、現に私がそうなので、なので、今まで人生とはと言う話を描いて来たが、ちょっとだけ路線変更する。

あと、HTMLも勉強中なので、そちらも共有出来たら良いと思う。

と言ったものの、私はイラストレーターの基礎を教わったはいない、今日は、入稿の際にイラストレーター形式で、データー入稿する場合の注意事項を書いておきます。

私は、CS2を使っていますが、入稿の際には業者さんがフォントを持っていない可能性が高いので、アウトライン化して入稿するようにする、後は画像なんですけど、リンクから入って、画像を埋め込みしないといけません。

このようにして、入稿するとスムーズに入稿出来る。

今日話しているのは、あくまでai形式で入稿する場合だけれど、他の業者さんは、jpgやpngでの入稿も可能なところはあると思うので、その場合は、描画全体を保存して、トンボを付けて、キャンパスから3ミリ内側に文字を入れて入稿すると言った方法もある。

印刷所によっても違うと思うが、RBGで入稿するのか、CMYKで入稿するのかでも差が出てきてしまう。

あと、綺麗に印刷したい場合は、TIFF形式で入稿すると綺麗に印刷出来るはずであるが、CMYKかRBGによってまた差が出て来てしまう。
ただし、TIFF形式の場合は、容量オーバーで普通のデーター入稿は出来ないと思うので、気を付けた方が良い。

あと、トリムマークと言うのがあるのだが、いわゆるトンボであるが、それがないと、データーが戻って来るので、納期が迫っている場合は、よく注意して入稿した方が良い。

私は、3〜4回戻って来て、大変な事になりました。

これを書く事で、自分との確認にもなるので、しばらくは、超初心者でもわかるデジタルの世界の話をしようかと思います。