UA-137741052-1

詐欺

壊れた心は戻らない?

誰かに騙されていた事に気付いてしまったとします。当然傷付きますよね?

心が壊れます。

しばらくは立ち直れないでしょう。

そんなショック受けてないはずなのに、笑い話にしてたはずなのに、ショックだったんですね。

私は、障害者枠で一般就労していますが、仕事も手につかない状態、私は、統合失調症の他に肺動脈血栓塞栓症という病気も持っていて、本屋さんの仕事は、結構肉体働だから、立ったり座ったりが大変で、もう辞めようと思いました。

今日は、店長がいらっしゃらない日だったので、お店から電話をかけました。
直ぐにはつながらなかったけれど、後から折り返しかけて下さって、理由を言って辞めようと思っています。とお伝えしたら、直接会って話出来る状態なら話したいし、ちょっと休んでからも、大丈夫だよと言って下さいました。

こんな良い職場があるでしょうか?

私は、たしかにとある人に騙されたかもしれませんが、支えてくださる方はいるという現実があります。
リアルな人間関係を大切にして行こう。

ネットは、安易に手を出しやすい便利な道具です。でも、メルマガは洗脳ですからね。いつのまにかそこら抜け出せなくなる麻薬のようなもので、長ければ長いほど洗脳は、解けません。

そして、情報商材を楽しく買わされても、まだ騙されている事に気がつかないのです。

私には、リアル絵の先生、リアル精神科の先生、リアル店長がいます。
リアルな人は時には、傷付けるような事を言うかもしれませんが、それは私のために言ってくれていると信じています。

現に、騙されていると言う事に、気づかせてくれたのは、リアル絵の先生ですし、危うく私も、その手口を真似するところでした。

超鈍感が、あれ?って思った時点でおかしいですよって言ってくれましたが、その時は、信じ切っていたので、そんな馬鹿なって感じでした。

ネットの繋がりが切れると寂しいですが、一人で生きていく強さも必要です。

本当にメルマガはやめた方が良いです。特に、画家関係のメルマガには気をつけてください。

壊れたこころにはこれだよね、オレンジ。
ハンプティダンプティ。

私を癒してね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

詐欺師の心理

いわゆる情報商材と言うものである。

私は、情報にお金を払う事はあまり抵抗ないのですが、ネットって気軽な分ハマりやすいと言いますか、騙されてる事に気がつかないんですよね。
どこどこに住んでいる
何とかって賞を持っている
最初は、そうなんだ〜凄い人なんだなと思いました。でも、それって何処に書いてあるの?
そんだけビックな人だったら、住所や事務所持っていてもおかしくないのに、住所もあかせない、どこにいるのかわからない。
そんな人を信用するって言うのがそもそもおかしいです。

でも、信じ切っているから、おかしいとは思わないんですよね。

私は、先生に超鈍感と言われましたが、先生に聞いてみて良かったなと思いました。

詐欺師の心理としては、たまに真実を言うと言う事です。そうすると、ほぼ洗脳状態なので、すべて信じ切ってしまいます。
超鈍感な私でさえも、神様僕は気付いてしまった状態なので、洗脳から覚めて気付いて欲しいと思います。

私は、リアルな人間関係を大切にしたいなと思うようになりました。

美味しい話程、裏があるので、そのカラクリに気付いた人が何人いるのかと言う感じです。

まさに、洗脳なので、私もショックを隠しきれませんでした。真実なところもあるので、ブログは続けますが、でも本当にSNSって怖いと思いました。

成功していくプロセスに、近道はないと言う事。

これを、肝に命じてやって行った方が確実です。
いつ自分の絵が評価されるのか、死んだ後なのか、何十年もたった後なのか。
それでも発信していく、作って行く、創作して行く事を辞めなかった人が本物だと思いました。

落胆は隠しきれませんが、私は本当に良い先生に恵まれていて、精神科の先生も、絵の先生もみんな真実を言ってくれるから、本当に大切にしなくてはとおもいました。

今繋がってる人達は、本当に素晴らしい人達なので、がっかりさせるような事がないように頑張りたいなと思いました。

このブログを読んでくださる方には、私が体験した真実とを共有出来たら良いなと思っております。

最後までお読み頂きありがとうございました。