UA-137741052-1

ワクワク

ペン画の世界展

明日から、AAA gallery様で、ペン画の世界展第Ⅳ画と言うグループ展に出展致します。

何度も試行錯誤繰り返して完成させた絵です。

私は、ツイッター使ってないのですが、それでもお気に入り登録してくださった方々、ギャラリーさんの方のブログにもいいねしてくださった方々、本当に感謝しています。

ありがとうございます。

絵は、かなり大きくて、迫力満点だと思うので、見に来て頂けると嬉しく思います。

今から、足りない所を準備して、明日は万全の状態で、臨みたいと思いますので、よろしくお願い致します。

ここまで、本当に苦しかったですが、反応があると嬉しいものですね。

制作過程では、孤独も感じましたけれど、

嗚呼、こんなに見ていてくれている人が居るんだ〜と感心してしまって、孤独じゃないんだなと、思わせてくださるような、そんな暖かさを感じております。

きっと、出品者さんも暖かい方ばかりなんだろうなと、希望が持てました。

本当にありがとうございます。

そして、これから2週間ですが、よろしくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

山は越えた

一山越えた。

何の一山だ

と、思う人もいるだろう。

私は、極度の疲労と緊張により、絵が閃かなくなっていたのだが、閃く絵は、背景付きの絵で、私の画力では、到底表現出来るものではなかったので、う〜んう〜んと考えても絵は出てこないのに考えていました。

よし、とりあえず描いてみよう。

とりあえず描いてみる。

想像通り頭の中の世界とは一緒のような違うような世界が出来上がりました。

ほっ

一安心。

まだ、私は、絵が描ける。

昨日先生に、『降りて来なくなった?』

と聞かれて、

『疲れてて』と、

誤魔化す。

実際疲れているのは確かだ、疲労も緊張も極限まで来ているのだ。

あ、でも、一山越えた。

そんな感じだ。

嗚呼、早く家に帰って、絵を書き込みたい。

こんなに絵を描きたくなったのは久しぶりだ。

嗚呼、ブラシ使ってみたい。

試してみたい。

いつもの私だ。

ワクワクしている。

まだ、やらなければならない事が、山のようにある。だけど、書き込みしたい。ってなっちゃってる。

順番に行こう。

どうも衝動を抑え切れずに困る事が多々ある。追求し過ぎで、疲れ果てる事もある。

しばらく休んでみよう。

長いようで短い人生。

休んでたら、飛び越えて行ってしまいそうな勢いですが、閃いた絵を完成させよう。

きっと壮大な、スケールの絵になるんじゃないかと思う。

私が、絵を描く目的、病気の人でも、引きこもりの人でも、ちょっと外に出てみようかなとか、B型から始めてみようかなとか、A型にチャレンジしてみようかなとか、一般就労にチャレンジしてみようとか、人それぞれチャレンジするものは、違うのですが、

やってみよう!

と思ってくれて、実際に行動しましたよって方が増えてくれたら嬉しいなと思って、描いています。

私は、絵を描くけど、あなたは?

小さな事で、良いのでチャレンジしてみてくださると嬉しいです。

そのキッカケになれたらと思っております。

最後までお読み頂きありがとうございました。

宇宙の法則2

自分が次のステージに行く時、チャンスが大きければ大きいほど、否定的に言う邪魔が入ります。

それは、宇宙の法則で決まってるんですね。

それを知っていると、いないとでは、捉え方が全然違って来てしまいます。

以前の私は、ネガティヴな塊でした。

不平不満しか口に出さず、愚痴を言っていました。その時は、愚痴を聞きに来るんですよ。人の不幸は蜜の味ですからね。だから、友達もそれなりの友達ばかりでした。
不平不満を言う友達と一緒に居たいと思いますか?私は、建設的な話の方が好きです。
未来があるじゃないですか。
今の自分に満足してなくて、不平不満を言うのであれば、自分を満足行く生き方に変えていけばいいじゃないですか、それをせずに不平不満ばかり言っていたら、それなりの人の繋がりで終わります。
どうせなら、自分の生き方を応援してくれる人と居たいじゃないですか、でも、上のステージに行く為には邪魔が入る、そうしたらどうすればいいの?ってなります。

試されてる。

そう言えばいいのかな?

その道を進む選択する覚悟があるの?と、

もしかしたら友達みんな居なくなるかもしれない。親に見捨てられるかも、恋人、配偶者に捨てられるかもしれない。

それでも、覚悟あるの?と。

私も怖い、これからどうなるかわからないし、どんな自分になっているかもわからないけど、どんな自分でありたいかと言う事をイメージして、なりたい自分になるにはどうしたら良いかと言う事を逆算して、自分に投資が必要ならしていくし、私は、輝いている自分をイメージしたいと思っております。

みなさんも、試してみてくださいね

最後までお読み頂きありがとうございました。

ワクワクしたあの日

今日は、清々しい朝である。

昨日の苦しみは嘘の様に消えて、でも、私って馬鹿だと、笑みが込み上げて来る。

がむしゃらにに走って来たけど、今更歩みを止める訳には行かずやっぱり賢く歩む人達は、自分の歩みを良く吟味するのだろうか?

私は、やってみたい。

試してみたい。

と色々やってきたが、現実的にやって来た結果、色ぬりがまだまだだと、絵もまだまだだと気付きが大きな分、気持ちが揺らいでしまったのだ、でも、ギャラリー様やアート会社様はそんな私を認めてくれたのだ、荒削りかもしれないが、私の絵を認めてくれたのだ、と、自分に言い聞かせる。

今を生きよう。

今を一生懸命に生きたらきっと後悔しないはず、やれるだけやってみよう。

それだけの事である。

昨日、偶然と言うか必然と言うか、姉に遭遇して、前は、凄く絵をやる事を非難されて辛かったけど、姉は昨日、『私はみたいに会社に行ってただ帰って来る毎日より、張り合いがあって良いんじゃない?』と言ってくれて、

安堵の思いだった。

自分の生き方に満足してるひとがこの世界にどれくらいいるのだろうか?

半数の人は、不満を抱え生きて行く道を歩んでいるのではないかと思う。

不満はない。

ただ0から1の事をやるって事が、どんなに辛いと言う事である。

辛いから逃げ出そう。

それでは、意味がない。

チャンスに変えてやるぞと言う気持ちにしなくてはならない。

今思えば長い道のりだった。

初めて、AAA Gallery様に誘って頂き、嬉しくて、楽しみで、どんな人に達に出会えるんだろとワクワクしていたのを思い出した。

そう、ワクワクしたのだ。

私は、絵を描くのが好きで、良く描いていたが、必ずしも上手いと言う訳ではなくて、私の絵を評価する先生に恵まれていたのだと思う。賞もいくつか取ったけれど、昔の話なので、今は、自分らしい絵って何だろう?と考え初めて、ちょっと、コツを掴んできた感じなんですが、日々画力もそうですが、妄想も沢山して、私の場合は、閃くのですが、ギャラリーに行って沢山の人達の作品を見てきて、刺激を受けられたら良いなと思っています。

病気はたしかにある。

だけど、プレッシャーも誰にでもある。

それを、ビックチャンスと捉えるか捉えないかで、随分と違う。

私は、ビッグチャンスと捉えよう。

ワクワクしたあの日を忘れないように。