UA-137741052-1

デジタル

名古屋に行って来ました。

スイーツパラダイスに行って来ました。

メロン食べ放題。

各テーブル一個は、まるごと。

半分に切って、メロンを食べるなんて至福の時です。

パスタも美味しかった。

ケーキもしっとりしてて美味しかったです。

大須に行って、液晶タブレットを探して来ました。

探してありましたけど、なんと7万円‼︎

まー予想はしてましたが、肝心の描きき味が分からずじまいでした。

iPadと液タブどっちが良いの?
と店員さんにお聞きしたら、
みなさん結構それで悩まれてますって言っていました。

でも、帰りに寄った本屋さんで、テクニック本を買ったんですが、TSUTAYAさんでは、売り切れ続出のテクニック本が買えて、あーまだ見離されてないんだなあ、絵を描いていて良いんだなと思いました。

中々、テクニック本を買ってその通りにやっても、同じ効果を出すのにはちょっとコツがあるのかなあと思います。
それでも、ヒントを与えて下さるテクニック本に感謝です。

あとは、どうやって私の絵で、それを適応していくかですが、それは、試行錯誤繰り返して習得するしかないのかなあと思います。

中々お金のかかる事なので、進めるのにも時間がかかりますが、着実に力を付けていきたいなあと思います。

デジ絵もアクリル絵具もチャレンジしていきたいです。

欲張りですか?

でもでも、描いてみたい、私のタッチはどうなのか?
試行錯誤して生み出された、絵ってとても不思議な感じがして私は好きです。
絵に、意味があってもなくても、私は、どちらでも良いと思う、でもあえて意味付けする事で、より理解が深まるならとは、思います。
見る人によって違うと言うのが、絵を見る時の醍醐味のような気がしますが、みなさんは、どうやって絵をみますか?

私は、スペックって言ってますけど、まあ絵を描いていくのに最低限のスペックとソフトですね。より幻想的な絵を描いていくには、色んなソフト使いこなさないといけませんので、フォトショップ使えれば、大体使えると思うけど、クリスタやSAIになってくると、そのソフトだけの機能だったりするので、まだまだ、探求していくのが尽きないなあと日々感じています。

今までは一枚に描いていたのですが、デジタルでより幻想的に描くには、背景、メイン、羽、を別で描く必要があるのかなあと思う次第です。

ずっと使ってなかった、トレース台の出番です。

またコンペにチャレンジするので、1から描き起こすか、下書きまで出来ているものを使うか、考えています。

私は、新しい事を覚えるのってなんてなんて楽しいのって思ってしまうので、チャレンジする事も好きです。宝くじと一緒で、買わないと結果はわからないのと出さないと結果はわからないです。

コンペにチャレンジして、落ちたのは、またアップしていきます。(笑)

名古屋で、テクニック本を買って、地元のパソコン教室で、フォトショップで同じ効果が出せないか検証してくださいました。

私の勘違いかもしれなかったのですが、多分出来ると思う、時間以内には、出来なかったのですが、感謝感謝です。

早くパソコンとフォトショップ欲しい。

楽しいって思っちゃったので、絶対使いこなしたい。

楽しみは尽きません。

では、最後までお読み頂きありがとうございました。

デジタルで色塗り

私は、アナログで一度白黒におこしてから、デジタルで着色していますが、描いている時は、夢中になっていて、レイヤーに名前付けないのですが、後で直す時、どのレイヤーかわからなくなり、一個一個消すのですが、まあ、レイヤーにはザックリと名前付けておいた方が良いですが、私は、制御すると言うより、イレギュラーを楽しむ派なので、狙った効果がもし出せなくても、がっかりしないと言いますか、よく、ストリートファイターの相手が初心者だと、めちゃくちゃにボタン押すから、凄い技とか出して来ますよね、あれと、一緒にして良いのかわかりませんが、描いてると、自分でどうやって出したかわからない効果が出るのが楽しいんです。
まあ、次からは出せませんと言う欠点がありますが(笑)
その時その時の絵を楽しむと言うか、楽しんで描かなければ、良いものはうまれませんので、私は、そうやって描いていますね。
もちろん、アナログでも描きたいんですよ、中々時間が無かったりして、下書きだけして、塗ってないですが。
私は、いのまたむつみ先生が好きで、いのまた先生もアクリル絵具をお使いになられるので、いのまた先生みたいに描くという努力はしてきましたが、自分の色の塗り方ってどうなの?というところで、アナログの色塗りの方は、止まっています。

とりあえずデジタルで、描けるようになって、ゆくゆくはアナログにチャレンジしてみたいですが、やる事いっぱいありますね。

ネットショップの方は、グッズ販売のみにしようかと思っております。

やっぱり絵は、ネットで買うものではないですよ。高いお金払って買ってくださるので、しっかりと触れ合う事を大切にしていきたいです。

展示会の時に、来て頂くか、どうしても通販したい時は、その都度言って頂ければ、写真と大きさ、送料と値段をお伝え致しますので、よろしくお願い致します。

まだ作品が沢山あると言うのではないので、作品作りを頑張ります。

展示会用に作った、天使の絵と女の子の絵は、かなり大きいので、このサイズで、額装していくらですか?と言う風に聞いて頂ければ、対応致しますし、ただ、赤い女の子の絵のマットが、合皮のゴールドを使っておりますので、同じ額装が出来るのが、あと何個分あるのかちょっとわからないです。季節ものの布なので、なくなるとしばらく同じ額装は出来なくなると思います。

基本一点ものですが、注文が沢山あったりすると、増えていく感じですかね。

布でマットをはることが多いので、同じ布がなくなると、同じ額装が出来なくなりますね。そこのところ、ご了承頂けますとありがたいです。

まあ、絵はそんな感じです。

とりあえず、作品作りと、コミティアに向けて本格的に動き出さないと、色々間に合わないので、コツコツやっていきたいなと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

イラストレーター(超初心者)

私はまだ、イラストレーターのソフトの方だ、あまり使いこなせていない。

だけど、今勉強中で、これからは勉強して来た事を共有していきたいと思っている。

超初心者からでもイラストレーターを使いこなせるはずである、現に私がそうなので、なので、今まで人生とはと言う話を描いて来たが、ちょっとだけ路線変更する。

あと、HTMLも勉強中なので、そちらも共有出来たら良いと思う。

と言ったものの、私はイラストレーターの基礎を教わったはいない、今日は、入稿の際にイラストレーター形式で、データー入稿する場合の注意事項を書いておきます。

私は、CS2を使っていますが、入稿の際には業者さんがフォントを持っていない可能性が高いので、アウトライン化して入稿するようにする、後は画像なんですけど、リンクから入って、画像を埋め込みしないといけません。

このようにして、入稿するとスムーズに入稿出来る。

今日話しているのは、あくまでai形式で入稿する場合だけれど、他の業者さんは、jpgやpngでの入稿も可能なところはあると思うので、その場合は、描画全体を保存して、トンボを付けて、キャンパスから3ミリ内側に文字を入れて入稿すると言った方法もある。

印刷所によっても違うと思うが、RBGで入稿するのか、CMYKで入稿するのかでも差が出てきてしまう。

あと、綺麗に印刷したい場合は、TIFF形式で入稿すると綺麗に印刷出来るはずであるが、CMYKかRBGによってまた差が出て来てしまう。
ただし、TIFF形式の場合は、容量オーバーで普通のデーター入稿は出来ないと思うので、気を付けた方が良い。

あと、トリムマークと言うのがあるのだが、いわゆるトンボであるが、それがないと、データーが戻って来るので、納期が迫っている場合は、よく注意して入稿した方が良い。

私は、3〜4回戻って来て、大変な事になりました。

これを書く事で、自分との確認にもなるので、しばらくは、超初心者でもわかるデジタルの世界の話をしようかと思います。