UA-137741052-1

チャンス

HTMLってなあに?

おはようございます。

昨日、パソコン教室に行って来ましたよ。
HTMLのHP作成の勉強をしているのですが、英語出来ないとあとタッチタイプ出来ないと難しいなあと言う感想です。
でも、わたしには夢があります。

HTMLのHP作ってみたい。

と言う夢が、

もちろん、絵の世界でも、活用出来ると言うか、オリジナルのHP自分だけのHPを作る事が出来るってなんてワクワクするんだろうと思います。

絵の方は、描き込み、描き込みで、中々完成しないのですが、とりあえず焦っても、良い作品は生まれませんので、描き込みを繰り返している最中です。

私の絵は、白黒で一回描き上げてから、着色するので、倍時間がかかるんですよね。

それでも、描かない理由を探すより、描く理由を探す方が、よっぽど良いんじゃないですか?

私は、朝も起きてご飯食べ終わって、支度が終わったら、絵を描く事もありますし、家に帰ってから、描き続けることもあります。コツコツと言う作業ですが、でも、喜んでくれる人が居ると思うと、やる気が出るんです。
私は、今度は癒しをテーマにした、絵を描いているのですが、風景描くのにも、私のファンタジーな世界になってしまいますが、それが良いと言って下さる方もいらっしゃるので、大変ありがたく思っております。

htmlは基本この形で、あとで色々付け加えていく感じです。
基本が出来ないと、応用も出来ませんから、一個一個確認していけたら良いなと思います。
これを私がやることになんの意味があるのか?
というのは、私も復習して確認出来る上、皆さんと共有できるからです。
html簡単だよーって方は、このサイト来ないので、
私と一緒に、htmlを学んでいきませんか?

このブログも、いつかはhtmlで作りたいと思っております。

htmlやってみたいけどわからないよって方は、たまに、htmlの情報を更新していますので、ちょくちょく遊びに来てくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

宇宙の法則2

自分が次のステージに行く時、チャンスが大きければ大きいほど、否定的に言う邪魔が入ります。

それは、宇宙の法則で決まってるんですね。

それを知っていると、いないとでは、捉え方が全然違って来てしまいます。

以前の私は、ネガティヴな塊でした。

不平不満しか口に出さず、愚痴を言っていました。その時は、愚痴を聞きに来るんですよ。人の不幸は蜜の味ですからね。だから、友達もそれなりの友達ばかりでした。
不平不満を言う友達と一緒に居たいと思いますか?私は、建設的な話の方が好きです。
未来があるじゃないですか。
今の自分に満足してなくて、不平不満を言うのであれば、自分を満足行く生き方に変えていけばいいじゃないですか、それをせずに不平不満ばかり言っていたら、それなりの人の繋がりで終わります。
どうせなら、自分の生き方を応援してくれる人と居たいじゃないですか、でも、上のステージに行く為には邪魔が入る、そうしたらどうすればいいの?ってなります。

試されてる。

そう言えばいいのかな?

その道を進む選択する覚悟があるの?と、

もしかしたら友達みんな居なくなるかもしれない。親に見捨てられるかも、恋人、配偶者に捨てられるかもしれない。

それでも、覚悟あるの?と。

私も怖い、これからどうなるかわからないし、どんな自分になっているかもわからないけど、どんな自分でありたいかと言う事をイメージして、なりたい自分になるにはどうしたら良いかと言う事を逆算して、自分に投資が必要ならしていくし、私は、輝いている自分をイメージしたいと思っております。

みなさんも、試してみてくださいね

最後までお読み頂きありがとうございました。

ワクワクしたあの日

今日は、清々しい朝である。

昨日の苦しみは嘘の様に消えて、でも、私って馬鹿だと、笑みが込み上げて来る。

がむしゃらにに走って来たけど、今更歩みを止める訳には行かずやっぱり賢く歩む人達は、自分の歩みを良く吟味するのだろうか?

私は、やってみたい。

試してみたい。

と色々やってきたが、現実的にやって来た結果、色ぬりがまだまだだと、絵もまだまだだと気付きが大きな分、気持ちが揺らいでしまったのだ、でも、ギャラリー様やアート会社様はそんな私を認めてくれたのだ、荒削りかもしれないが、私の絵を認めてくれたのだ、と、自分に言い聞かせる。

今を生きよう。

今を一生懸命に生きたらきっと後悔しないはず、やれるだけやってみよう。

それだけの事である。

昨日、偶然と言うか必然と言うか、姉に遭遇して、前は、凄く絵をやる事を非難されて辛かったけど、姉は昨日、『私はみたいに会社に行ってただ帰って来る毎日より、張り合いがあって良いんじゃない?』と言ってくれて、

安堵の思いだった。

自分の生き方に満足してるひとがこの世界にどれくらいいるのだろうか?

半数の人は、不満を抱え生きて行く道を歩んでいるのではないかと思う。

不満はない。

ただ0から1の事をやるって事が、どんなに辛いと言う事である。

辛いから逃げ出そう。

それでは、意味がない。

チャンスに変えてやるぞと言う気持ちにしなくてはならない。

今思えば長い道のりだった。

初めて、AAA Gallery様に誘って頂き、嬉しくて、楽しみで、どんな人に達に出会えるんだろとワクワクしていたのを思い出した。

そう、ワクワクしたのだ。

私は、絵を描くのが好きで、良く描いていたが、必ずしも上手いと言う訳ではなくて、私の絵を評価する先生に恵まれていたのだと思う。賞もいくつか取ったけれど、昔の話なので、今は、自分らしい絵って何だろう?と考え初めて、ちょっと、コツを掴んできた感じなんですが、日々画力もそうですが、妄想も沢山して、私の場合は、閃くのですが、ギャラリーに行って沢山の人達の作品を見てきて、刺激を受けられたら良いなと思っています。

病気はたしかにある。

だけど、プレッシャーも誰にでもある。

それを、ビックチャンスと捉えるか捉えないかで、随分と違う。

私は、ビッグチャンスと捉えよう。

ワクワクしたあの日を忘れないように。