諦めて欲しくないと言う気持ち、助けるとかそういうのではなく、自分の経験からしか言えませんがこのブログを見て一人でもやってみようかなって思ってくれたら嬉しく思います。

menu

幻想的画家夢見-いざないみこと

令和2年2月27日(木)~3月1日(日)の4日間 午前9時~午後5時まで、浜松市福祉交流センター2階22会議室で開催される障がい者アート展示会に出展することが決定いたしました。

参加に迷っていたところ、福祉交流センターの方がポンっと背中を押してくださったような感じで参加出来て嬉しいです。

やるからには美しく。

予算もあるので検討しないといけませんが、額も私らしくいきたいと思いました。

これもひとえに家族や周りの方々のご支援の賜物だと感じております。

制作過程は孤独ですが、それを表現する機会というのは自分自信の感動をみなさんと共有するというものだと私は感じております。

今までアートは漠然とやって来たのですが、これからは私が感動したものをみなさんと共有していきたいと確信いたしましたので、こんなので感動するなんて…。と思われる方もいらっしゃると思いますが、私はその時感動したので一緒に共有出来たら幸せだなと思いそう思いました。

今までの作品が、決して手を抜いていたという訳ではないという事だけは申し上げておきますね。

以前の私は、そのくらい強い絵じゃないと感動しなかったということです。

感受性が麻痺していたと言いますか、ハートが閉じていたといいますか。

人の心と言うのは、無理やりハートを開こうとしても苦しくて開かないように、私は感情なんてない方が苦しくなくていいと思っていました。でも、傷つくというネガティブな部分だけのフォーカスしてしまうとそう思ってしまいますが、感動とか喜びに変わるという事を知ったら、辛い時もあるかもしれませんが、何倍も感動や喜びがあると思ってポジティブに生きていけると思うと胸が躍ります。

人生山あり谷あり。

山の向こうの景色は、登った人しかわからない。

どんな景色が待っているのだろうか?

今からわくわくと同時にドキドキですが、私らしくいきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

いざないみこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

いざないみこと

第1に諦めて欲しくないと言う気持ち、助けるとかそういうのではなくて、自分の経験からしか言えませんが、このブログを見て一人でもやってみようかなって思ってくれたら嬉しく思います。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

お問い合わせ