幸せって意外と気付かないのは何故だろう?

自分事幸せって言える人はどれだけの人がいるのでしょう?かくいう私も幸せってなんだっただろう?と考える人でした。今は、私の中で『愛』についての結論が出て、愛は光のようにあふれてくるものだと認識しました。では、気付かないかったのは、何でだろう?と言う事で話していきたいと思います。

感謝って?

私は、病気で我を失っている期間が長くありました。その間感謝って?って感じでした。いつも不平不満を言う人でした。でも、良いところもありました。話のネタに尽きない事(笑)でした。

本当の意味での感謝って、最近わかってきたように感じます。本当に最近ですよ。お金稼ぐのって大変なんだなとか、自分は色々して頂いているんだなとか。『泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生』って考えられるようになりましたね。

まだまだ、ないないと思っていますが、あるもに着目して感謝したいですよね。

愛って?

これは、死ぬまで探し続ける問題かもしれませんと言われました。私は、愛は光のように溢れ出てくるものだと実感しました。愛以上のものを友人達から受け取っていて感謝だなと思いました。

受け取れるようになって来ました。でも、私の友人の中には、受けとれないで苦しんでいる人もいます。私もそのように苦しんで来たので、気持ちはわかるつもりです。

解決方法としては、自分を深く洞察していく事です。具体的には、紙に嫌な事とか書くとかが一般的ですよね。私は、出来ませんでした。めんどくさいって訳じゃないのですが、やりませんでした。

どうやって、受けとれるようになったのか詳しく書いていきたいと思います。

受け取るって?

まず、勉強した事をブログに書き続けました。心理学の本をただ闇雲に読むのではなく、自分の頭で考えながら読みました。思った事をアウトプットしました。感じている事、思っている事をアウトプットしました。

この方法が難しい場合は、ネットの記事よんで思った事を誹謗中傷はいけませんが、書いてみるという方法もあると思います。ネットが使えない環境だと難しいと思います。

受け取るって中々難しいこと。

言葉のままに受け取る。って中々ハードルの高い事ですが、自分を掘り下げたあとは、感情をかみしめることです。やっと出て来た感情を辛かったねと自分に言ってあげられることです。

よく自分を褒めましょうってありますが、中々自分を褒めるって出来ません。私の場合は、褒めるのではなく、共感してあげる事です。他の誰かに共感ではなく、自分に共感してあげる事です。

ここまで、幸せに気付かないのは何でだろうと言うお話をさせて頂きました。感謝しなさい、って言われても感謝がまずわからないって方は参考になる記事かなと思います。

受け取れなくても受け取れるようになるので、相手がいる場合は、相手にしっかり傷つけないように伝える事です。本当に愛してくれているならば、何とかしようとしてくれるはずです。

何とかしてくれるのが、当たり前ではなく感謝する事がやはり近道に感じます。

それでは、またお会いしましょうね。

 

 

いざないみこと

 

愛は光のように溢れ出て・ポエム