私も、20年近く絵が描けなかったので、 そこで、諦めていたらこんなに絵を見てもらえる 喜びを知らなかったと思います。 「諦めて欲しくない」という気持ちを持っています。

menu

幻想的画家夢見-いざないみこと

こんばんは。

いざないみことです。

最近出会ったり別れたりのくり返しで、中々お天気のせいもあってかポジティブに考えられない今日この頃ですが。

自分の想いというのが中々伝わらないのは、もどかしいと思ってしまいます。

私のような病気の人によく頑張ってって言ってはいけないと言いますが、私も昔は頑張ってと言われたら不快な思いをしました。なので、無理せず頑張ってねと言うようにしています。

無理しないでね。

中々、無理をせずに世の中渡るのは難しいですね。

特に絵の業界だと無理しないと納得のいくクオリティが出せなかったり、私が経験してきたのはそういう世界でした。

自分は無理しても納得のいく出来にしたい。とそう思ってしまうから、具合が悪くなってしまいますが、締め切りのある絵は中々そうはいかないですよね。

私は、健常者になれないし障がい者って言われると障がい者なんですが、この前のアート展で色んな障がいの方がいらっしゃって、私は働けるし、言葉もしゃべれるし文字も書ける、

嗚呼、私って恵まれているんだなっとそう思いました。

日本は狭いと思っていたけれど、結構広いよっと思えるようになりました。

絵は1度描けなくなりましたが、また描き始めて良かった。

好きは伝わると思います。

私は、続く限り絵を描き続けたいと思います。

続ける事の難しさ。

色々あると思います。

なんでも続けるって難しいですよね。

私も描けなくなることは今でもありますが、気分転換をしたり色々対策を講じています。

私には描けなくなってもまた描けるという意識があるので、また描けると思います。描けないと思ってあきらめていたらいつまでも完成はしません。少しづつでも良いから、ペンを進める、気分が乗らないのは誰でもあることですが、この病気の特徴でもあるので休息ばかりとっていても前に進めないので、少しでも何かやってみる。

線1本でも良いから描いてみる。

私も今日は1日寝てました。でも、少しでも進めて下絵が完成しました。

A型就労が始まりました。

働きながら絵を描き続けるって大変です。

私の場合、絵で成功するのは出来たら良いなという想いですが、本当に芯の部分では、少しでもやる気になってくれたら嬉しい。他人をうらやんだり蹴落とそうとする人も中にはいるけれど、人を恨んでも良い事ないし自分の優位になれるようにウソをついたとしても必ずしっぺ返しを受けると思います。

それはそれでその人の人生だと言われてしまってはおしまいなのですが、出来れば生きている間に幸せになって欲しい。平和に生きて欲しい。世界でコロナの感染が拡大しているので明日は我が身と捉えなければいけませんが、私はもう十分生きたので、例えコロナに感染して死んだとしても悔いはないですが、本当に感染したら死にたくないって思うのかしら。。。

まだまだこれからだよって言ってくれる方もいらっしゃいますが、自分にどれだけの事が出来るかわかりませんが、やれるだけやってみようと思います。

私もウソをついたことがあります。それは、母を病院に連れていく為でした。統合失調症の母は長年病院に行けてませんでした。今は、病気は病気ですが、元気にデイサービスに行けていて、社会から離れていた母をまた社会と関われるようになれたのは、本当に良かったなと思いました。

今から色んな人の助けを借りて生きていかなければならないから、どうか、社会と縁を切るのは辞めて欲しいと思います。

助けようと本当に努力している人もいる。

そんな人との出会いがありますよう心から願っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

いざないみこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

【いざないみこと】

●統合失調症を抱えています。
詳しくはこちら
●41歳・イラストレーター
●2019 11 Etihad Modern Art Gallery(Abū Dhabī)出展
●2020 2 浜松市福祉交流センター 障害者アート展示会出展
●静岡県在住
●《izanai micoto》で検索
●ご質問や制作依頼などは、以下からお気軽にどうぞ。
micotoizanai@gmail.com

  

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お問い合わせ