私も、20年近く絵が描けなかったので、 そこで、諦めていたらこんなに絵を見てもらえる 喜びを知らなかったと思います。 「諦めて欲しくない」という気持ちを持っています。

menu

幻想的画家夢見-いざないみこと

私は、良く空想にふけると言いますか、空想世界に入ってしまって、絵を描くネタがわんさか湧いて来るのですが、空想世界に入り込み過ぎると抜け出せなくなってしまって、具合が悪くなってしまうので、たまに現実の仕事をして、戻ってくる必要があります。
わんさか湧いて来る時は、気持ちいい程案が浮かんで来ます。
でも、抜け出して来ないと、疲れてしまうので、楽しい空想世界ですが、危険もはらんでいるという事です。
ボーっとして、気がつくと空想世界に入り込んでるので、気をつけなくてはいけないですが、病気のせいなのか、元からなのか良くわからないですね。
また、コンペにチャレンジします。
どんどんチャレンジして行きたいと思います。
今構想を練っていますが、期間までに描ききれるかなと心配になりますが、
やりたい表現があるので、
1から描くしかないのです。
関係ないですが、大阪梅田でいのまたむつみ先生の原画販売があるそうです。
私は、ラフでも宝物なんですが、原画なんて一体いくらするの?って感じですが、見に行ってみたいと思います。
宝塚で、開催されてるいのまたむつみ展にも行きたいけど、遠い。
私は、自分の絵に自信が無くて、仕方なかったのですが、今の先生が一度絵を見せた時に、感激してくださって、褒めてくださらなかったら、未だに絵を描いていたかわかりません。
私の絵をわかってくれる人がいるんだと、私も嬉しくて仕方がなかった事を思い出します。
今は、藝大出ていらっしゃる先生が褒めて下さると思うと、少し、僅かですが、自信を持っても良いのかなと思い始めました。
応援してくださっている方、褒めくださっている方に失礼じゃないかなと思い始めて、その応援に応えたいと思ったら、空想世界に入り込んでる始末なので、困ったものです。
お陰様で、色々閃きましたけど、(笑)
絵を描くのが楽しい。
本当に楽しいです。
危険もありますけど、上手く自分とお付き合いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

【いざないみこと】

●統合失調症を抱えています。
詳しくはこちら
●41歳・イラストレーター
●2019 11 Etihad Modern Art Gallery(Abū Dhabī)出展
●2020 2 浜松市福祉交流センター 障害者アート展示会出展
●静岡県在住
●《izanai micoto》で検索
●ご質問や制作依頼などは、以下からお気軽にどうぞ。
micotoizanai@gmail.com

  

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お問い合わせ