UA-137741052-1

私が漫画を描こうと決めた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が、漫画をゆっくりでも良いから描こうと決めたのは、私の世界を知って頂きたいのと、絵だけでは伝わらない事がわかって来たからです。

中には、わかって下さっている方もいらっしゃいますが、
私の心の叫びみたいなものは、感じ取れない方がほとんどだと思います。

ゆっくりでも良いからというのは、最初からそんなに早く作れたら誰でもプロになれちゃいますよね?
あのスピードを出すのに、何年と描いておられて、私みたいな新参者がいきなり早く描くなんてことは出来ないと思いました。
いつかそのスピードに追い付けばいいなくらいに思っていないと、自分が潰れます。

とりあえず16P。

私の場合、早く結果を出したいと焦ることがネックです。

誰でも結果は早く出したいと思いますけど、色んな誘惑があって自分が決めた事がブレるのです。
今は、表紙のイラストを完成させようと頑張っています。
中々進まないことにイライラ。
これが、問題なのです。

今は、私みたいな中途半端画力でも、漫画が描けるというのはありがたい時代になったものだなとしみじみ思います。

だた、注意したいのは中途半端な気持ちでやるのは危険であるということ。
好きを試される職業ということ。

私は、好きになったらとことん好きですが、
本当に好きか?
ということを試されている。
そんな気がします。

引き続き、応援よろしくお願い致します。
最後までお読みいただきありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す